これから補聴器をお使いになる方は、以下のような点に気をつけましょう。
補聴器を付けて”積極的に聞こう”意志、これが何より大切です。
補聴器を付けたらほんの少しでも”聞き耳”を立てましょう。
はじめは、なるべく静かな場所で聞いて慣れてください。
補聴器では、聞きたい言葉だけを大きくすることはできません。

はじめから騒々しい場所で使ったのでは、騒がしさだけが気になってしまいます。
会話する際は、話す人に近づいて聞く方が聞きやすいもの。
離れれば離れるほど、補聴器に入る音は小さくなってしまい周囲の音がじゃまになります。
”ピーピー音”がするのは、音漏れによって起こるハウリングと呼ばれる現象です。
耳せんやイヤモールド(耳の形に合わせてつくる注文耳栓せん)を
耳の穴にピツタリと合わせれば、この音は止まります。

不安な事はいつでも何でも当店にお聞かせ下さい。

補聴器を使用したからといって100%言葉が聞き取れるようになる」
補聴器というものは実は存在しません。
もし、あるとすれば完全に誇大広告です。
しかし、使用者の聴力に合った適切な補聴器を、
適切にフィッティング(調整)しますと、
「今までより言葉がハッキリ聞こえる」ようになります。
補聴器を購入する前に、まずご理解いただきたいことは、
「補聴器には限界がある」ということです。
言葉を聞き取るのは耳であり、補聴器ではありません。
補聴器は、音や言葉を「聞き取りやすく調整」して耳に送り届ける道具なのです。
残念ながら、どんなに高性能の補聴器を使っても、
昔の、若かった頃のような「聞こえ」は得られません。
「補聴器を付けたら以前より聞きやすくなった」と、
納得して使っていただける方には、充分満足していただけることでしょう。
どこかで妥協をしないといけないわけですが、
その妥協点をいかに高いところに見つけるか、
というのが補聴器選びにおいては重要なことです。 

補聴器とは・・

補聴器の使い方

日本補聴器販売店
協会加盟店

まごころこめて技術の

東淀川・淡路補聴器センター

補聴器店
補聴器とは?
今月のチラシ
イベント
聴こえのチェック
聴こえの仕組み
聴こえの判断と説明
補聴器の流れ
ご家族と・・・
商品情報
補聴器の種類
みみもとくん
ポケット型
なぜ?両耳がいいの?
補聴器Q&A
拡大鏡
メガネ店